人気ブログランキング |

医師・医療従事者・医療機関の方々に対する法律事務所からの情報発信です。弁護士法人 河原町総合法律事務所。


by 弁護士 赤井勝治

医療器具の事前点検義務について(3)

 前回の続きです。

 東京地方裁判所平成15年3月20日判決は、医師に医療行為を行うために医療器具を用いる場合には、本来の目的に沿って安全に機能するかどうかを事前点検する義務を認め、さらに、医師に、使用する医療器具の構造上の特徴、機能、使用上の注意等の基本的部分を理解し認識していることを求めています。

 このように当該裁判例における裁判所の判断は、医療機関側にとっては厳しいものでした。

 また、裁判の理由中でも、医師は、人間の生命身体に直接影響する医療行為を行う専門家であり、その生命身体を委ねる患者の立場からすれば、医師にこの程度の知識や認識を求めるのは当然と考えられ、医師に不可能を強いるものとは考えられないとするなど厳しい判断がなされています。

 今回、この裁判例をあげたのは、まずは、このように厳しい判断のなされている裁判例のあることを知っていただくためです。

 ただし、裁判例を検討するにあたっては、その判断中、その事案だけに該当する部分と、広く同種事案に該当する内容とを区別して考える必要があります。
 裁判例の中には、判断のほとんどが、その事案のみにしか該当しない、いわゆる事例判決と呼ばれるものもあります。

 次回は、こうした観点から、この裁判例を検討してみたいと思います。

  赤井・岡田法律事務所
京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184番地
                  オクムラビル2階
        TEL(075)257-6033
        FAX(075)212-3670
執筆責任者 弁護士 赤井勝治(京都弁護士会所属)
by motomame | 2017-10-19 09:00