医師・医療従事者・医療機関の方々に対する法律事務所からの情報発信です。赤井・岡田法律事務所HP: http://www.akai-okadalaw.com


by 弁護士 赤井勝治

医療訴訟における専門委員について(2)

 専門委員というのは、平成16年4月から設けられた制度で、裁判の争点もしくは証拠の整理又は訴訟手続の進行に関し必要な事項の協議をするに当たり、訴訟関係を明瞭にし、又は訴訟手続の円滑な進行を図るために、専門的な知見に基づく説明をする者であるとされています(民事訴訟法92条の2)。

 この専門委員と鑑定人との大きな違いは、鑑定人が専門的な知見に基づく「意見」を求められているのに対し、専門委員は、「説明」を求められているという点です。

 専門委員は、非常勤として、裁判所から任命され、専門委員の名簿に記載されます。
 ちなみに、平成29年1月1日現在、京都地方裁判所から医事関係の専門委員に任命されている医師は、27名おられます。

 そして、具体的な事件については、裁判所から指定(指名)されて、関与していただくことになります。

 その関与していただく場面は、様々です。

 たとえば、訴訟手続における争点整理の段階で、訴訟当事者から出された主張や証拠の中に多用されている医学的な専門用語や専門的知識についての説明を行っていただくことがあります。

 また、証言の中に医学的な専門用語が多用される証人尋問に立ち会って、裁判官の求めに応じて、専門用語を簡単な言葉に言い換えたり、分かりやすく説明していただくこともあります。

 訴訟手続においては、裁判官が何を判断すればその事件が解決に至るのかといった争点を整理し、その整理された争点に関して、当事者が攻防を繰り広げるというのが理想です。

 しかし、医療訴訟のような専門的な訴訟においては、必ずしも争点の整理が的確になされているわけではありません。それは、裁判官や場合によっては訴訟当事者が、専門用語や専門的知識を必ずしも十分に理解できていないことに起因していることが少なくありません。
 
 また、訴訟当事者が攻防していても、その内容が専門的で、裁判官が必ずしも十分にできない場合もあります。

 そこで、医師である専門委員に関与していただき、専門用語や専門的知識の説明をしていただくことで、訴訟手続の円滑な進行を図る手助けをお願いするのです。

  赤井・岡田法律事務所
京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184番地
                  オクムラビル2階
        TEL(075)257-6033
        FAX(075)212-3670
執筆責任者 弁護士 赤井勝治(京都弁護士会所属)
[PR]
by motomame | 2017-03-30 09:00