医師・医療従事者・医療機関の方々に対する法律事務所からの情報発信です。赤井・岡田法律事務所HP: http://www.akai-okadalaw.com


by 弁護士 赤井勝治

医師の応招義務について(続)(3)

 近時、インターネットの情報などの中には、医師と患者さんとの間の診療契約上の信頼関係が破壊されている場合には、診療を拒否しても、応招義務違反にはならないかのような記載が散見されます。

 このような記載は、以下の下級審の裁判例等を根拠にしているものと思われます。

 その二つ目は、東京地方裁判所平成26年5月12日判決です。

 この判決では、「診療に従事する医師は、正当な事由があれば診察治療の求めを拒むことができるとされているところ、原告と被告との間の信頼関係は適切な医療行為を期待できないほどに破壊されていることからすれば、原告には被告からの診察の求めを拒否する正当な事由があるというべきである。」旨判示しています。

 この事案は、少々複雑なのですが、簡略化すると、過去に手術を受けた患者さんが、その約3年半後に、病院に対して、当時の診療録やレントゲン等の画像や手術録画等の開示や手術の説明を求め、これに対する病院側の対応を巡って紛争となりました。そして、病院側から、患者さんに対し、損害賠償などの債務の不存在確認や業務妨害等の禁止を求めて訴訟が提起され、その中で、裁判所は、現時点で、病院側は患者さんに対して、診療義務、問診義務はないと判断しました。

 裁判所は、患者さんが、病院長の説明に不審を抱くとともに、その対応にも不満を持ち、謝罪を求めるなどしたという言動からすれば、病院が患者さんに対して医療行為を行う上で基礎となる信頼関係は、もはや適切な医療行為を期待できないほどに破壊されていると言わざるを得ないとし、現時点において、病院側には患者さんに対して、診療義務、問診義務はないと判断しました。

  赤井・岡田法律事務所
京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184番地
                  オクムラビル2階
        TEL(075)257-6033
        FAX(075)212-3670
執筆責任者 弁護士 赤井勝治(京都弁護士会所属)
[PR]
by motomame | 2017-03-09 09:00