医師・医療従事者・医療機関の方々に対する法律事務所からの情報発信です。赤井・岡田法律事務所HP: http://www.akai-okadalaw.com


by 弁護士 赤井勝治

相続について(4)

 法定相続人にあたる者が誰かが判明すれば、つぎに、法定相続人の法定相続分について考える必要があります。

 法定相続分というのは、法律上あらかじめ定められている相続割合、すなわち「取り分」のことをいいます。

 まずは、配偶者とその他の相続人がいる場合の配偶者の相続分から見ていきましょう。

 配偶者以外に第1順位の子や孫がいる場合、配偶者は2分の1です。
 たとえば、ある男性が亡くなって、その妻と子が一人いれば、相続分はそれぞれ2分の1ずつとなり、妻と二人の子がいれば、妻が2分の1、子はそれぞれ4分の1ずつとなります。

 このように、配偶者は常に2分の1で、子が複数いれば、残りの2分の1をその頭数で等分することになります。

 この点、従来、民法では、「嫡出でない子」(戸籍上の婚姻関係にない男女の間に生まれた子)の相続分を、「嫡出子」(戸籍上の婚姻関係にある男女の間に生まれた子)の相続分の2分の1と定めていました。
 しかし、これが改正され、平成25年9月5日以後に開始した相続については、「嫡出でない子」の相続分が「嫡出子」の相続分と同等になりました。

 つぎに、第1順位の子や孫がおらず、第2順位の直系尊属がいる場合には、配偶者の法定相続分は3分の2です。
 たとえば、ある男性が亡くなって、その妻と父親がいれば、相続分は、配偶者が3分の2、父親が3分の1となります。
 妻と父母がいれば、妻が3分の2、父母がそれぞれ6分の1ずつとなります。

  赤井・岡田法律事務所
京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184番地
                  オクムラビル2階
        TEL(075)257-6033
        FAX(075)212-3670
執筆責任者 弁護士 赤井勝治(京都弁護士会所属)
[PR]
by motomame | 2017-01-05 09:00