医師・医療従事者・医療機関の方々に対する法律事務所からの情報発信です。赤井・岡田法律事務所HP: http://www.akai-okadalaw.com


by 弁護士 赤井勝治

問診にまつわる問題について(2)

 それでは医師が問診の義務に違反したかどうかは、どのような基準で判断されることになるのでしょうか。

 まずは、その問診が「医療水準」に照らして十分なものであったか否かが問題とされます。
 この「医療水準」そのものについては、また改めて取り上げさせていただきますが、ここでは、診療当時の臨床医学の実践において求められる医療のレベルであり、医療機関の性格・属性、所在地域の医療環境の特性等の事情を考慮して判断されるものという程度にご理解ください。

 当該問診が、この「医療水準」に照らして不十分であったと判断された場合には、問診の義務に違反したことになります。

 これを前提に、もう少し、具体的に見てみることにします。

 一般的には、問診の義務違反は、初診時の問診において問題となることが多いものと考えられます。

 これは、初診時には、検査結果などの他の情報が乏しいため、問診によって得られる情報の重要性が高いためです。

 たとえば、治療の初期において、問診によってしか得られない情報を、十分な問診をしなかったために得られず、その結果として、薬の副作用などの重大な結果が発生した場合には、問診の義務違反があったと判断される可能性が高くなります。

 また、治療中においては、既に得られている診察や検査の結果を踏まえて、十分な問診を行ったかが問題とされます。

 既に得られている診察や検査の結果を前提に、「医療水準」からすれば、疑われる病気の有無を確認するための問診をすべきであるのに、これを怠ってその病気を見逃してしまったような場合には、問診の義務違反があったと判断される可能性が高くなります。

 さらに、この問診の義務違反を判断する際には、患者さんに対する発問の内容や発問の方法が適切であった否かも問題となります。

 問診は、医学的な知識を有しない一般人に対して行われるものであるため、問診により医師が何を聞き出そうとしているのかを患者さんが理解できるように発問しなければ、いくら問診をしても、必要な情報を聞き出すことはできないからです。

 よって、形式的に問診をしていても、その発問の内容が、必要な情報を聞き出すために適切なものと言えない場合には、問診の義務違反となる可能性があります。

 また、発問の方法についても、患者さんに対して、誘導的な発問の方法をした場合などには、適切な問診をしたとは言えないとして、問診の義務違反となる可能性があります。

 医療訴訟では、問診の義務違反が問題となることも少なくありませんので、問診の重要性を再認識していただき、十分に留意していただければと思います。

  赤井・岡田法律事務所
京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184番地
                  オクムラビル2階
        TEL(075)257-6033
        FAX(075)212-3670
執筆責任者 弁護士 赤井勝治(京都弁護士会所属)
[PR]
by motomame | 2016-08-25 09:00