医師・医療従事者・医療機関の方々に対する法律事務所からの情報発信です。赤井・岡田法律事務所HP: http://www.akai-okadalaw.com


by 弁護士 赤井勝治

医療機関の事業承継について-M&A-(5)

 巷に、医療機関のM&Aに関する書籍等がたくさん出回っていますが、少し技術的な側面のみに内容が偏っているように思います。

 現実にM&Aをする際には、技術的な側面は、それぞれの専門家に依頼すればよいのであって、それよりも重要なことは、これまで述べてきたように、それ以前の段階にあるように私には思われます。

 なお、技術的な側面で、最低限欠かせない専門家としては、税務面での税理士と法務面での弁護士です。

 譲渡対価に対する課税をはじめとして、事業譲渡に際しては、様々な税務的な問題が発生することは想像に難くないと思われます。
 営業権をどのように評価するのか、また、そもそも営業権の評価額を対価に入れるのが相当かどうかなどはその最たるものです。

 そして、事業譲渡の契約においては、債務の承継の有無、従業員の承継の有無、債務不履行があった場合の処置など多くの法律的な問題が発生します。
 これらの諸問題に対しては、しっかりとした対処をする必要があるのはもちろんのこと、締結する契約書の内容をどのようにするかは非常に重要となります。

  赤井・岡田法律事務所
京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184番地
                  オクムラビル2階
        TEL(075)257-6033
        FAX(075)212-3670
執筆責任者 弁護士 赤井勝治(京都弁護士会所属)
[PR]
by motomame | 2016-03-31 09:00