医師・医療従事者・医療機関の方々に対する法律事務所からの情報発信です。赤井・岡田法律事務所HP: http://www.akai-okadalaw.com


by 弁護士 赤井勝治

医療事故調査制度施行後の状況について(1)

 過去にこのブログでは、医療事故調査制度について、法律改正時にその概要を、改正法施行当初にその概説をそれぞれ取り上げさせていただきました。

 その後、平成27年10月1日に施行され、既に4か月が経過しまたので、これまでの動きや運用などについて述べたいと思います。

 支援センターについて
 
 まず、制度で定める「医療事故調査・支援センター」については、一般社団法人日本医療安全機構がその役割を担うことになりました。
 この点については、既に平成27年8月17日付けの厚生労働省告示第348号にて公示されております。

 報告数について

 そして、施行された平成27年10月1日から同年12月末日までの3か月間で、報告事件が累計で81件ありました。
 月別の内訳は、10月が19件、11月が26件、12月が36件となっており、この件数は厚生労働省が想定していた数の下限値ではないかと言われています。

 また、相談件数は、累計で597件ありました。

  赤井・岡田法律事務所
京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184番地
                  オクムラビル2階
        TEL(075)257-6033
        FAX(075)212-3670
執筆責任者 弁護士 赤井勝治(京都弁護士会所属)
[PR]
by motomame | 2016-02-04 09:00