医師・医療従事者・医療機関の方々に対する法律事務所からの情報発信です。赤井・岡田法律事務所HP: http://www.akai-okadalaw.com


by 弁護士 赤井勝治

医師に対する行政処分について(4)

 本記事は、厚生労働省HPで公開されている「医師及び歯科医師に対する行政処分の考え方について」の改正について(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000024nfz.html)掲載の「医師及び歯科医師に対する行政処分の考え方について(平成24年3月4日改正)」(http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000024nfz-att/2r98520000024nvn.pdf)を加工して作成させていただいております。

 (4)麻薬及び向精神薬取締法違反、覚せい剤取締法違反、大麻取締法違反(麻薬、向精神薬、覚せい剤及び大麻の不法譲渡、不法譲受、不法所持、自己使用等)

 麻薬、覚せい剤等に関する犯罪に関する刑事処分は、懲役刑となることが多く、その量刑は、麻薬等の量、使用期間の長さ等を勘案して決定され、累犯者についてはさらに重い処罰となっています。
 行政処分の程度は、基本的には司法手続における刑事処分の量刑などを参考にしますが、国民の健康な生活を確保する任務を負う医師として、麻薬等の薬効の知識を有し、その害の大きさを十分認識しているにもかかわらず、自ら違反したということから、重い処分とされます。

 (5)殺人及び傷害(殺人、殺人未遂、傷害(致死)、暴行等)

 本来、人の生命・身体の安全を守るべき立場にある医師が、殺人や傷害の罪を犯した場合には、厳正な処分をすべきと考えられますが、個々の事案によってその態様や原因が様々であることから、これらが考慮されることになります。
 行政処分の程度は、基本的には司法手続における刑事処分の量刑などを参考にしますが、殺人、傷害致死といった悪質な事案は当然に重い処分とされ、その他の暴行、傷害等は、医師としての立場や知識を利用したかどうか、犯行に及んだ情状などを考慮して判断されます。

(6)交通事犯(危険運転致死傷、過失運転致死傷、道路交通法違反等)

 自動車等による過失運転致死傷罪等については、医師に限らず、不慮に犯しうる行為であり、また、医師としての業務と直接の関連性はなく、その品位を損する程度も低いことから、基本的には戒告等の取扱とされます。
 ただし、危険運転致死傷罪やひき逃げ等の悪質な事案については、基本的には司法手続における刑事処分の量刑などを参考にしますが、人の生命・身体の安全を守るべき立場にある医師としての倫理が欠けていると判断される場合には、重めの処分とされます。

  赤井・岡田法律事務所
京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184番地
                  オクムラビル2階
        TEL(075)257-6033
        FAX(075)212-3670
執筆責任者 弁護士 赤井勝治(京都弁護士会所属)
[PR]
by motomame | 2015-12-24 09:00