医師・医療従事者・医療機関の方々に対する法律事務所からの情報発信です。赤井・岡田法律事務所HP: http://www.akai-okadalaw.com


by 弁護士 赤井勝治

添付文書・診療ガイドラインについて ~法律家の考え方と医療者の考え方の違い~(1)

 以前、本ブログにおいて、「証拠保全手続について」というテーマで、医療事故が発生した場合、患者さんご本人あるいはそのご家族の方などから相談を受けた弁護士は、①治療行為にミスがあったか否か、②ミスと結果(死亡や後遺症発症)との間に因果関係があるといえるか否か、③ミスの内容と結果から、法律や過去の裁判例を検討したうえで、損害賠償請求が可能か否か、④損害賠償請求が可能であるとしてその金額はどの程度かなどの「見通し」を立てるということを説明させていただきました。

 裁判官も、裁判においては、ほぼ同様の思考過程を経て心証を形成し、判決を言い渡したり、和解を勧めたりします。
 今回のテーマである、弁護士や裁判官という法律家と医療者の考え方の違いが最も顕著に表れるのが上記①の点です。

 ある患者さんに対して、A診療所のB医師が×××という薬剤をαミリグラム投与した結果、患者さんが死亡するという医療事故が発生し、患者さんのご遺族と医療側が責任の有無について争っているという架空の事例で説明させていただくことにしましょう。

 当該薬剤の投与行為にミスがあったか否かを判断するためには、B医師の当該薬剤投与行為がA診療所の属する規模の医療現場で要求される「医療水準」に適ったものであったのかをまず明らかにする必要があります。

 この「医療水準」について、上記の事案で、一般の診療所という規模の医療現場において、医療者がどのような診療行為を行えば良いのか(行うべきであるのか)という共通認識(コンセンサス)を明らかにしていくのだと言えば、日々医療現場に身を置かれている医療者の皆さんにとっては受け容れやすい内容なのではないかと思われます。

 しかし、日々医療現場に臨んでいない法律家にとっては、何が現場のコンセンサスであるのかを探究する作業は非常に困難を極めます。
 法律家が具体的にどのような発想をしているのかというと、たとえば、患者側の代理人である弁護士は、当事者双方の主張が食い違っている場合、何か自らの主張を裏付ける客観的なものを見つけ出し、それを拠り所にして患者側の主張を合理的に説明できないものかと検討を進めていきます。
 裁判官も、同様です。双方の主張が食い違っている場合には、客観的なものを拠り所にして合理的な説明ができるのはどちらの主張であるのかを審理していくことになります。
 これは医療紛争に限らず、すべての訴訟に共通する発想方法です。

  赤井・岡田法律事務所
京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184番地
                  オクムラビル2階
        TEL(075)257-6033
        FAX(075)212-3670
執筆責任者 弁護士 赤井勝治(京都弁護士会所属)
[PR]
by motomame | 2014-10-23 09:00