医師・医療従事者・医療機関の方々に対する法律事務所からの情報発信です。赤井・岡田法律事務所HP: http://www.akai-okadalaw.com


by 弁護士 赤井勝治

患者を引き継いだ場合における前医と後医の責任について(1)

 医師の先生方は、他の医療機関で治療を受けていた患者さんを、紹介などによって引き継いで治療することになったり、逆に、先生方自身が治療に当っていた患者さんを他の医療機関に紹介するなどして引き継いで治療をしてもらうようお願いされることがあると思います。

 今回は、患者さんに対する診療がある医療機関(前医)から他の医療機関(後医)に引き継がれた場合における両医の責任の有無が問題となったケースをご紹介いたします。

 事案は、肥満および右膝異物除去手術という肺塞栓症の素因を有していたAさん(当時48歳、消防士)がX病院に入院中に、容態が急変したことからY病院に移送されたものの、肺塞栓症により死亡したというものです。
 Aさんの遺族らが、Aさんには肺塞栓症を疑わせる所見が見られたにもかかわらず、X・Y病院の各担当医師ともにこれを疑わず、いずれも漫然と心疾患と診断して肺塞栓症に対する適切な処置を取らなかったためにAさんを死亡させたとして、X・Y病院に対して、不法行為に基づく損害賠償を請求しました。

 原審の熊本地方裁判所(熊本地裁平13(ワ)第785号事件、掲載誌なし)は、X・Y病院の各担当医師がAさんの肺塞栓症を疑わなかったことに注意義務違反(過失)は認められないとして、Aさんの遺族らからの請求を棄却しましたが、控訴審の福岡高等裁判所(福岡高裁平16(ネ)第1017号事件、判例タイムズ1227号303頁)は、原審の判決を変更して、X・Y病院の責任を認めました。

 控訴審では、Aさんの肺塞栓症発症の原因と時期をめぐって、X病院とY病院との間で鋭い対立が見られました。
 X病院側は、肺塞栓症発症の契機となった塞栓子は、Y病院に移送後の同病院における冠動脈造影検査により発生したとしか考えられないと主張したのに対し、Y病院側は、その原因は右膝異物除去手術にあり、X病院在院中に既に肺塞栓症を発症していたと考えられると主張したのです。
紙面の都合上、詳細な事実関係や具体的な主張内容については割愛させていただきますが、控訴審では、Aさんの肺塞栓症はX病院に入院している間に発症していたと認定されました。

  赤井・岡田法律事務所
京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184番地
                  オクムラビル2階
        TEL(075)257-6033
        FAX(075)212-3670
執筆責任者 弁護士 赤井勝治(京都弁護士会所属)
[PR]
by motomame | 2014-04-17 09:00