医師・医療従事者・医療機関の方々に対する法律事務所からの情報発信です。赤井・岡田法律事務所HP: http://www.akai-okadalaw.com


by 弁護士 赤井勝治

クレーム対処法について(2)

今回は、治療方法や方針などの説明不足について、お話したいと思います。

1 説明義務について
 まず、医師には、患者さんに対して、治療方法、方針について説明する義務があります。
 医師は、患者さんとの間で診療を実施する際、法的には診療契約を締結することになります。診療契約によって、医師は、患者さんに診療義務が課せられ、患者さんは医師に対して診療報酬の支払義務が課せられます。さらに、医師には、診療義務が課されるだけではなく、治療内容や方針について、患者さんに対して説明をする義務、いわゆる説明義務も課されます。

2 説明義務の法的構成 
 これら説明義務は、専門家が一般の方に実施するサービスについて、往々にして一般の方が内容を理解しずらい場合が多く、そのときに一般の方が的確な判断をすることができなくなる、そこで、一般の方が的確な判断をすることができるために、専門家は、判断のための説明を行うことが必要とされます。
 特に診療の場合、患者さんは治療行為によって、身体を傷つけられる可能性があるところ、患者さんは、自分の治療行為の内容を自ら決定する権利、すなわち自己決定権があるとされています。この自己決定権を正しく行使する前提として、治療の内容をよく知る必要があり、それに対応して、説明をする義務が医療者に課せられるのです。
 医師には、診療内容や方法、方針を十分患者さんに説明する法的義務が課せられていることになります。
 このように説明義務を果たさない場合、医師に損害賠償という相応のペナルティが課せられることになります。

4 説明義務の程度
 では、どの程度の説明をすれば良いのでしょうか。
 裁判所の判決の中には、医療上の行為を行うについて、それが患者の身体に対する侵襲を伴う場合、治療行為の内容及びその危険性について事前に説明する必要があるとしているものがあり、上記の説明義務を認めている次第です。
 ただ、具体的にはどの程度なのかという点については、個別の診療行為によって様々であり、一概にはいえませんが、少なくとも当該治療行為について、その具体的内容、治療期間、治療を受けることによって生じる問題点などは十分説明する必要があるかと思われます。

5 患者さんへ説明を実施するにあたって
 医師の先生方が患者さんに治療内容などの説明を行う際の注意点を若干述べておきます。後で説明を受けた受けていない、言った言わないの争いを避けるためにも説明の重要な部分、特に治療による副作用や弊害については文書で明確にして手渡して頂き、治療についての同意書を取られることもよいかと思います。また説明しているところを録音していただくことも一つの手でしょう。

6 説明義務を果たさなかった場合
 医師が説明義務を果たせなかったときは、どうなるのでしょうか。
 説明義務が果たされなかった結果、患者さんが死亡したり、症状が悪化した場合には、その招来した結果について、損害賠償義務を負うことになります。
 ただ、説明義務自体は果たしていなかったとしても、当時の治療水準に基づいた適切な治療がなされたのであれば、患者の死亡や症状の悪化との因果関係は認められないとされ、せいぜい、自己決定権を奪ったことに対する精神的苦痛を慰謝するための慰謝料の請求が認められることになります。
 他方、説明されたならば、患者さんが治療行為を受けず、そのために死亡や症状の悪化の結果が生じなかったと立証された場合には、死亡や症状悪化についての損害賠償請求を認められることになります。
 いずれにしても、特にその治療内容がリスクを伴う場合には、十分な説明をしていただく必要があります。
 日々の診療の中で、患者さんに十分説明する時間がない現場の事情もあるかもしれませんが、無用なトラブルを避けるためにも是非とも行っていただきたいところです。

7 最後に
 以上、2回にわたり、患者さんからのクレームについて、一番問題となりやすい、①治療内容の不満について、②治療内容についての説明不足について、できる限り平易に説明を差し上げましたが、法的な判断を含むわかりにくいところであります。よくわからないところについては、自己流でなさらずに、一度、弁護士などの法律専門家にご相談されることをお勧めいたします。


 赤井・岡田法律事務所
京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184番地 オクムラビル2階
     TEL(075)257-6033
     FAX(075)212-3670
HPhttp://www.akai-okadalaw.com
 執筆責任者 弁護士 赤井勝治(京都弁護士会所属)

[PR]
by motomame | 2014-01-30 09:00