医師・医療従事者・医療機関の方々に対する法律事務所からの情報発信です。赤井・岡田法律事務所HP: http://www.akai-okadalaw.com


by 弁護士 赤井勝治

診療契約(1)

 まず今回は、普段特に意識されることのない患者さんとの間の診療契約について取り上げてみたいと思います。
 近時、マスコミにおいて医療費の未払が社会問題として取り上げられていますが、その支払いを請求していく際に、診療契約の成否やその当事者は誰なのかが問題となる可能性があります。

 通常、医師は、患者が診察や治療を求めて病院を訪れてくれば診察治療をします。このとき、患者さんとの間で診療契約を締結したと意識されている医師の先生方は少ないのではないでしょうか。
 しかし、医師が診察を始めた時点で診療契約が成立しているのです。
 診療契約の法的な性質については、病気を診察治療することを内容とする「準委任契約」であるとされています。
 この「準委任契約」とは、当事者の一方が法律行為でない事務を委託し、相手方がこれを承諾することで成立する契約のことを言います。つまり、診療契約は、患者が病気の診察治療を依頼し、医師がこれを引き受けることで成立する契約なのです。

 契約が成立するには、契約の「申込み」と「承諾」が必要ですが、通常は、患者さんの受付窓口での診察の申込みが「申込み」に該たり、医師の先生方が患者さんの診察を始めれば、これが「承諾」に該たります。
 このようにして、診療契約が成立するわけですが、これにより医師は病気を診察治療する義務を負い、他方、患者は診察治療の対価としての医療費を支払う義務を負います。
 なお、契約内容に、医師が病気を治癒させることまでは含まれません。また、当然に患者には診察治療の対価として医療費を支払うことにつき合意があるものと認められます。
 現実には、健康保険を介するので、もう少し、法律関係が複雑になるのですが、ここで説明した基本的な点だけでも押さえておいていただければと思います。


 赤井・岡田法律事務所
京都市中京区新椹木町通竹屋町上る西革堂町184番地 オクムラビル2階
     TEL(075)257-6033
     FAX(075)212-3670
HPhttp://www.akai-okadalaw.com
 執筆責任者 弁護士 赤井勝治(京都弁護士会所属)

[PR]
by motomame | 2013-12-05 09:00